スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味化と論理性の煉獄

2015.07.01 17:26|雑記
文系の論文を書こうとするとかなりの頻度で触れる言葉に、「言説」というのがある。
一般的には意見や説明を述べることを言うらしいけど、人文学的にはある物事を巡る議論とかその語が用いられる文脈のことを指す。後者の意味を強調する為に日本語でもディスクールとか表現する場合もある。いずれにせよ、日常では使わない言葉だと思う(少なくとも私は大学に入るまで使った覚えがない)。
今回はこの言説について日々思っていることをについてちょっと書く。
人文研究では言説を分析するのが大事な作業、というか、言説分析をしなくていい人文研究なんか無いんじゃないかと思うくらい、何をするにもついて回ることだ。例えば、ある伝統的な概念を批判しようと思ったら、まずその概念についてどんな言説が展開されていたのかを知る必要がある。何でもそうだけど、知らないものについては語れない。で、それをしっかりやると何となくちゃんとやってるっぽく見える。既存の言説をしっかり把握するには文献を読まなくちゃいけないし、外国語学科の人ならそれに応じて語学も出来なくちゃいけない。つまり、言説分析が出来てる人=知識と語学力がある人と言える。事実はともあれ、少なくとも表面上は。
それは立派なことだし、むしろ学生の仕事の大半はこれなんじゃないかとも思う。文系の学生に対する「勉強しろ」はほとんど「本読んで語学やれ」の意味だから。
私は本当に不勉強でだらしない学生なので、読書量も語学力も全然足りていない。勉強は嫌いじゃないと思っていたのに、それは「自由にやる勉強」が好きなのであって、「必要だからやる勉強」はむしろ嫌いだということに二十代も半ばになってやっと気付いたような奴だから、いよいよという場面にならないと本当に怠ける。そんな自分を一番高い棚の一番奥へ上げて言うんだけど、日々学生生活を送っていると、言説分析に夢中になってる人マジでクソだなと思う。
さっき言ったように言説分析は凄く重要な作業なんだけど、それだけに終始するならそれはただの知識の書き写しとデータの収集作業でしかないのであって、詰まるところ、誰かが言ったことをなぞる(場合によってはそれを恣意的な型に押し込める)だけのことに過ぎない。わざわざ論文なり何なりの形で自分の言葉を他人に見える形に加工するんだから、そんな作業量だけが物を言うような成果物について聞かされても面白くも何ともないし、それは過去の「偉い人」たちがもっと上手い方法でやってることだ。
ところが、学問の世界では(というか学校では)、この言説について語りまくる行為がかなり幅を利かせているように思う。
明けても暮れても言説分析みたいな人も結構居る。誰それが語ったこの概念についてはこんな人がこんなこと言ってます、みたいな。
だから何だよ、マジで。
それを知ることの意味も、その概念を批判したり再解釈する意味も無く、ただただ言説を厳密化してゆく行為。別に全く無意味だとは言わないけど、それだけをやられても反応に困る。でもそういうやり方は手堅いし評価もし易いので、推奨する人も多い。
ちょっと話変わるけど、私は少し昔の映画や洋楽の批評や帯の雰囲気が好きだ。でかい文字で「今世紀最大の!」とか「~のマスターピース!」とか書いてある感じ。何を基準と根拠にして言ってんだってくらい論理性のカケラも無いようなフレーズ。それが批評として優れてるかどうかはさておき(帯とかならまぁいいんだろうど)、もうエモ全開なのがたまらない。「あーこれ好きなんだろうなー」とか「これ読ませたいんだろうなー」とか、逆で言えば「よっぽど気に入らなかったんだろうなー」とかが伝わって面白い。一歩間違えば、というかもうほぼ印象批評なんだけど、何がしたくて書いたのかはよく分かるし、中身を読めばちゃんと知識や論理的な手順に則ってしっかり議論を展開しているものもある。
学術論文がそんなことになっても困るだろうけど、それにしたってこういうエモさが蔑ろにされ過ぎている気運があるように思えてならない。博士論文ならともかく(あれはもはやお仕事だと聞くので)、卒論とか修論はエモくていいんじゃないか、むしろ、学術的な妥当性で言えば職業研究者の論文にはどうしたって敵わない部分があるんだから、エモが無かったら何が残るのか。エモが溢れちゃって論理の枠組みが決壊してても困るけど、何のエモも感じられないような研究ならやめちまえって色んな人の話を聞きながらよく思う。

1024-cc-library010005268.jpg
アカデミズムの墓場には文献マシンとなったアカデミックゾンビが彷徨っている

私には学術の世界に骨を埋めるつもりもその適性も無いので、それが良しとされる世界であり続けるならそれをあえて変えたいとはあまり思わない(変わった方が気分は良いけど)。それでも不満とかイライラは溜まるのでこうして何の論理的妥当性も追及されないような場所で好き放題書き散らす。
内輪の打ち上げ的な場で飲んでいたとき、先輩後輩交えてそれぞれの研究についてウダウダ喋ったことがある(院生が集まって飲むと会話がマジで気持ち悪くなる)。それこそエモいことを喋りまくったし、建設的な批判も沢山もらえて良かったんだけど、あらゆるものを意味化することが常識的な行為のように思えて、変な興奮と共に回り過ぎたちょっと頭がオーバーヒート気味になった。その日家に帰って、テレビを点けたら『長門有希ちゃんの消失』をやっていて、皆で旅行に行って最後は星を眺めならお喋りをするという超和む話だった。その中で長門が星に手を伸ばして、「なんだか届きそうで……」みたいなことを言う場面があったんだけど、その「夜空を眺めていたら星に届きそうな気がして手を伸ばしてみた」っていうナイーブさ全開な感性に打ちのめされた。
元来、私はそういう話が大好きだ。空想も大好き。
直前までビール飲みながら、意味化と論理性の煉獄みたいな会話の中に居たこととのギャップに発狂しそうになった。
私も友達と星見たい!星に手が届きそうだよねとか言いたい(「星に手が届く」の身体的、隠喩的な意味なんてどうでも良い)!
っていうエモさにやられる時期が周期的に来ますという話でした。

悪口と論理性

2015.05.28 02:08|雑記
私は元来かなり口が悪い方で、もちろん然るべき場で慎むことは出来るけれど、自然に喋っていると付き合いの浅い人にはびっくりされることがある。
別に四方八方に罵詈雑言をまき散らしたいわけではなく(そういう時期もあったけど)、ただ日々感じる不満とか違和感とかを誤謬を最小限に抑えて第三者に伝わるように表現を工夫していると、どうしても批判的な口調になってしまうし、そこに自分がどれくらいの熱量でその考えを持っているかを加えると辛辣さや冷淡さが強烈に滲んでしまう。
例えば、「クソ」という言葉を使うときには二種類ある。
一つは本当に感覚的なレベルで直情として「クソだな」と思ったとき。これはもう条件反射だから仕方ないと思う(発言するかどうかは理性で判断するけど)。もう一つは本気の嫌悪を表現したくて「それ本当に嫌い」とかではなく、あえて「クソ」と表現するとき。これは別にこんな汚い言葉じゃなくてもいいんだけど、相手に嫌度合いを伝える為にわざとインパクトのある言葉を使う。しかもその前後をかなりロジカルに説明する。「これってこの場合においてこの立場の人間にはこう受容されるじゃないですか。この理由からそれってホントにクソですよね」みたいな。
後者に関してはかなり多くの場面で何の用も為さない論法なんじゃないかってことはこの数年でやっと気付いた。
考えや思考の順序だけを数式のように正確に伝えたいなら感情が入ってはいけないし、逆に気持ちを分かって欲しいならロジカルになり過ぎるのは良くない。
というか、この論法は論理的に破綻してるわけじゃないんだろうけど、それ故に相手の反論を許さないところがある。
批判的に言えば、事実の列挙としても感情論としても中途半端で、議論の意義とかを全く無視して自分が言いたいことを表現する効率だけを優先して喋ってるだけ。だから反論の仕様が無いし、相手をもの凄く不愉快にする。と書きながら、ポジティブな意見の場合だったらどうなるんだろうと思ったけど、まぁいいや。
とにかく、のべつくまなく敵を作りまくる。
相手をとにかく痛めつけたくて、グウの音も出せないくらい全否定したいときは使えるんだろうけど、相手の神経を逆撫でしてまでそんなことしたい場面ってそんなに無い。しかもこれは基本的に相手より自分の知識量とか喋り方のテクニックが勝ってるときにしか使えない。
だから無駄に敵対感情をまき散らすのは止めよう!って思って割と何でも穏やかに喋るようになったんだけど(当社比)、大学院に通っているうちこの考えも更に揺らいできた。
多分、大学という場自体(学校組織とか研究機関)がどこもそうなんだろうけど、まぁ本当に事実論と感情論をごちゃ混ぜにして喋る人が多い。それも議論の場で。「何でその事実を伝える為にそんな感情寄った批判的な表現をするんですか?」って具合に。ここで言う表現っていうのは単に言葉選びのことだけじゃなく、発言行為としてってこと。細かい例を挙げると、一回鼻で笑ってから発言するとか、そういうの。
自分がイライラしてるからそれを発散させたいのか、自分が軽んじられてきたトラウマでもあって報復行為の一環でそうするのか、そういう態度が他人に舐められない為のテクニックだと思っているのか、ただ失礼な行為だと知らないだけなのか、それは分からない。とにかく、どういう腹づもりでそうしているのであれ、その論法を言葉にして説明すると冒頭で言ったような、かつて私が多様していたやり方にかなり似ると思う。自分が他人に(そうだという自覚無しに)そういう話し方をしていたのだと思うと、吐き気がする(これは直情としての言葉)。
私は議論の場でそんな喋り方は絶対にしないし、建設的じゃないことは言わない(知識とか技量の不足で論点を間違えるときはあるけど)。だから正確には例の論法が攻撃手段以外には役に立たない、ただ人を不快にさせる為だけのものだって考えは揺らいでないんだけど、日々そういう「議論」の場に晒される中で、「世の中の議論ってこういうものなのか?」って気になることがある。こうやって整理して文章にすると「いやいや、やっぱりおかしいよな」って思うんだけど、実際は学術とか仕事って意義や効率だけで成り立っていないし、「いかに相手より優位に立っているように見せるか」を競う場面もある。というか、そういう場面の方が多いと思う(絶対におかしいけど)。その上で、有効な手段はガンガン行使していかなきゃいけないんじゃないかみたいな、そういうところで揺れる。
今は狭い世界の内輪でしか生きてないからまだいいんだけど、この先上下左右が全く見渡せない世界で生きていくときに、どれくらい自分が思う価値と現実的な(些末な)価値観とのギャップを埋めて生きていけるんだろうとか思う。
この前深夜に歌のオーディション番組観てたときもそれを感じた。まぁ歌は学術研究や企画書と違って論理的に分析出来ない部分が大きいだろうから、どうしても論理と感情の境界が曖昧になりがちだと思うけど、それにしたって審査員が参加者に対して凄く私的なコンプレックスをぶつけているように見えて嫌だった。もちろん、本当に下手だったり自分に酔ってておかしな態度だったりする参加者は居たし、感情をぶつけるならぶつけるでいいんだけど、審査員という立場を利用して、あたかもその私的な感情が客観的な妥当性を持っているかのように言う感じ。あれは私が日常目にする人たちにかなり似ている。で、これは私見だからそれこそ何の客観性もなく私個人が感じたことなんだけど、そんな小汚い外見の人間が他人のセンスをどうこう言うのかとも思った。
こういうことを考えていると、いよいよ他人との会話で論理性と感情をどのくらいのバランスで表現したらいいんだろう(場合によるだろうけど)という思いで途方にくれる。私のネット上でのキャラが定まらない(もしかしたらリアルでもそう思われてるかもしれない)のはそのせいだ。
今はあんまり他人を気にせずに文章の流れだけを意識して書いてるけど、こういうのはTwitter向きじゃないと思うし、小説にもそのままの形では使えない(論文に使えないのは言うまでもない)から、ブログに書いてみた。
そもそもこのブログはどういう人がどれくらい読んでるんだろう? 記事を更新してないわりにはアクセス数が微妙に増えているので、少しは人目に触れてるんだろうな。
Twitterからの人が多いのか、文フリからの人が多いのか。サークル名もペンネームも目立たないから(泉水沙耶って名前は結構検索にしくいって最近気付いた)、ネットサーフィンで辿り着く人はそんなにいない気がする。
最近は記事にすることが全然浮かばなかったし、今後はこういうダラダラした雑記もここに書こうかなと思います。
なんか批判的な内容が多くなりそうだったから別にブログ作ろうかなと思ったけど、私のキャラが定まってないだろうからもういいやってなった。
キャラ作ってるというより不特定多数の人の目に触れることを意識してただけなんだけど。
そんなこんなで更新頻度増やせるといいな~。

第二十回文学フリマ東京参加のお知らせ&マスコットリニューアル!

2015.05.01 18:53|info
ご無沙汰しております、泉水沙耶です。

第二十回文学フリマ東京まで、あと4日に迫りました。告知が遅くなりましたが、今回も参加致します。
会場や開催時間、ルールについては文学フリマ公式サイトをご覧下さい(http://bunfree.net/)。
saya worksのサークルスペースはC-20です。
今回頒布するものは、既刊リストにある長編小説、短編小説集、漫画の各1種の3点です。漫画のみ文学フリマでは新刊の扱いになります。
小説の新刊は……次回出します。

前回の文学フリマで販売しているときに思い付きで言ってしまったのですが、過去に既刊をお買い上げ下さった方は、既刊をお持ち頂くか、お持ちの既刊の写真を見せて頂ければ、今回のお買いもの総額から100円引きいたします。

とりあえず、お品書きと各商品のご紹介を。

長編小説『壊れた私と、彼女の殺人』 ¥600-
kikan1.jpg
それでも私たちの日常は、終わらない。無機質で平穏な日常の中で起きた殺人事件。灰色の日常をもがき生きる少年少女へ送る青春×ホラー×ミステリー。


短編小説集『さよならを教えて』 ¥300-
kikan3.jpg
見ない振りをしてきた人生に、倦怠感漂う日常に、踏みにじってしまった過去に、別れを告げたくて、人知れず交差する縁の中で彼女たちは彷徨う。彼女たちが願うのはただ一つ。「さよならを教えて」。
少女たちの生き辛くて切実な青春オムニバス。


短編漫画『箱庭古書』 ¥200-
kikan2.jpg
少年と少女は帰路で土砂降りの雨に出くわす。雨宿りする二人の前に木の上に取り残された猫が居た。嵐のような風雨の中で二人に出来ることは何もない。猫を助けようとする少女とそれを引き留める少年。ある雨の日、少年と少女のすれ違い。いつかの青春の出来事。短編『雨の日』収録。


以上の既刊本に加えて、サークル紹介等の情報や今後の活動、新刊の試し読みを付けたフリーペーパーを配布致します。新刊に収録予定の短編が丸ごと一本読めますよ!

更にお知らせ!今いち設定があやふやだった、当サークルのマスコットキャラが正式に決定いたしました!前の記事にも何となく書きましたが、今回デザインをリニューアルすることをキッカケにしっかりと決めたいと思います。

彼女がsaya worksマスコットキャラ、sayaちゃんです。saya≠泉水沙耶ですので、即売会に来て幻滅しないように。
期せずして前のデザインとも共通性のあるルックスになったので、以後はこのイラストを公式として告知や何かのときに登場してもらおうと思います。sayaちゃん自身の設定については相変わらずあやふやです。

sayatyan2.jpeg
sayaちゃん

繰り返しますが、saya≠泉水沙耶ですからね!
デザインは稀崎冬乃さん(@Kisakitouno)にして頂きました。普段は灰羽連盟とか艦これのイラストを描かれています。泉水沙耶の個人的な友達です。

そんなsayaちゃんの紙面初出であるフリーペーパーの一部をご紹介。もうちょっと色々書いてありますが、こんな感じです。
スクリーンショット (3)

今回は以上のような感じで臨もうかと!では会場でお待ちしております!

生存報告

2015.02.10 19:05|雑記
ご無沙汰しております!約3か月ぶりの更新となります。

前にも「ブログのトップに広告を表示させない」と宣言したのにご覧のザマです。

忙しかったというのと、特別報告することが無かったという言い訳があるといえばあるのですが、要するにまともに活動していなかったというワケで、それじゃあブログの意味も無いワケで……。

しばらく何も書かずにいると書く習慣自体が無くなってしまうので、忙しかろうが書くことが無かろうが、何かしら更新したいと思います、ホント……。次回の文フリ(東京)は参加希望者数が異例の多さだそうで、抽選になるらしいです。当選するかどうかはともかく、何とか前回(『さよならを教えて』)と同じくらいの量のものを作りたいと思っています。

前回の記事(去年11月ですけど……)では文フリの様子を書きました。その後の少しずつ売れて、初めて参加した即売会だったコミティアのときと比べたらかなり売れるようになったと思います。Twitterでも文フリ関連と思われるアカウント様にフォローして頂けるようになりました。

何で急にブログを更新したかと申しますと、前々から「またブログ放置しちゃってるなー」という自覚はあったのですが、何よりあまりにも新刊の作業が進んでいないことに危機感を覚えまして、とりあえず何か書いてペースの持ち直しを図ろうという魂胆です。Twitter等をフォローして下さっている方はご存じかと思いますが、もう長らく投稿サイトへの投稿も行っておりません。

いけません。

……いけません。

同人誌を有料で頒布している都合上、同人誌には投稿サイトでは公開していない話を収録したり、公開している話に編集を加えたりしているのですが、投稿サイトもあんまり放っておくのは良くない気がするので、次に書き下ろすものはとにかく投稿サイトに公開しようと思っています。もちろん、新刊には未公開の話を収録する予定ですが。

何にせよ、書かないと仕方ない状態に。そして書かない言い訳も大概尽きてしまったので、もう本当に書きます。書きますって言っちゃったからには書きます。小説が書けなかったらレビューでもいいから、とにかく何か書きます。

ということで、生存報告でした。

それから、Authorの画像が変わりました。こちらです。

icon.jpg

彼女の名前は「sayaちゃん」です。

前回の文フリに来て下さった方にはご説明したかもしれないのですが、彼女は当サークルsaya worksのイメージキャラクターであり、筆者である泉水沙耶の姿とは無関係です
名前のせいなのか何なのか、泉水沙耶を美少女で想像して下さっている方が結構いらっしゃるっぽいのですが、この画像のせいでその想像を助長させているようです。その実態は即売会に来て頂ければ明らかになるのですが、まだ泉水沙耶本人と対面していない方はとりあえず↑こんな感じで想像しておいて下さっても結構です。結構ですが、重ねて申し上げます。彼女はあくまでサークルのイメージキャラクターであり、泉水沙耶とは無関係です

それではまた。

最近の週末はBorderlands The Pre-Sequelをプレイしています。同じゲームを何週もプレイする理由は他人に聞かれても説明出来ません。

第十九回文学フリマレポ

2014.11.29 17:52|雑記
こんにちは。第十九回文学フリマが終わり約一週間が経ちました。
11月は何かとバタバタしていたので、よく分からないうちに終わってしまったという感じです。
とりあえず、当日のブースはこんな感じ。

booth2.jpg

前回参加したCOMITIAのブースが地味だったので、反省を生かして色々やってみたのですが、ちょっとうるさかったかなーと。次回はもうちょっとシンプルにすると思います。でも、ポップに書いた文句を見て足を止めて下さった方もいらっしゃったようなので、どのくらいが程良いのか、力加減がまだよく分かりません。

ちなみに写真を見て頂ければ分かるように、ブースのすぐ隣が柱でして、落ち着くと言えば落ち着くのですが、窮屈でやり辛かったです。で、ポップもご覧の通りの様子なので、座ってしまうとちょうど目線が隠れて前がよく見えない!よって開場からほとんどずっと立って接客をしていました。

COMITIAとはやはり規模も雰囲気も違いますね。とはえいえ、文章系の即売会では最大規模。ブースも一般参加者もなかなかの人数でした(公式サイトによると出店者、一般参加者合わせて約3800人)。

さて、肝心な売れ行きなのですが、COMITIAで辛酸を舐めている分、仮に全然売れなくてもそれなりの覚悟はしておりました。とはいえ一応期待は込めてそこそこの在庫をトランクに詰めて引きずりながら参りました。

結果としてはCOMITIAの三倍以上の売り上げで、期待通りとはいかないまでもまぁ、決して悪くはない数でした。少しだけトランクを軽くして帰ることが出来ました。やはり前回は新規参加なのにほとんど何の宣伝もしないまま、しかも漫画やイラストがメインのイベントに小説を売りにして参加してしまったのが最大の敗因だったかなと。ブースも地味でしたし。

今回は一人参加ということで、ただ黙って座っていても退屈なので、ブースを通りかかってちょっとでもポップに目を向けて下さった方には「こんにちはー」「立ち読みもどうぞー」と声をかけていました。会釈をしてもらえれば良い方で、こういうのは基本的にスルーされる為、一日中返ってくることのない挨拶をしていました。中にはもちろん返して下さる方も居ましたけどね。

手にとって立ち読みして頂くのはもちろん、よくよく内容を吟味した上でやっぱり自分には合わないからと買わずに去って行くのも全然構わないのですが、黙って手に取って黙って返していくのは正直言って止めて頂きたいです。当然良い気持ちはしないし、何より即売会のマナーとして、ひいては一般常識として良い行為とは言えません。「即売会の心得」みたいなサイトを見れば大体書いてあることですが、買う立場とはいえ即売会の「参加者」なのです。出店者側からすれば「接客」はしますし、自分の物を買って頂く以上、気持ちよく買い物をしてもらえるように最大限の努力をするのは当然です。でも、買う側と売る側がお互いに敬意を払って行動して初めて良い即売会になるのです。

と、ネガティブな話はこれくらいにしておいて、嬉しいことも沢山ありました。正直マニアックな即売会ですし、泉水の周囲には同人誌に関心を示すような友人はほとんどいない為、リアルの知り合いが来ることは無いだろうと思っていたら、ライブ繋がりで知り合った方が来てくれたり、このブログをきっかけに知り合った作家仲間さんに初めてリアルでお会いすることが出来たり(泉水の秘密?がバレました)……。本を買って下さった方のほとんどが初見さんだったのも嬉しかったですね。まぁ、逆に言えば宣伝が功を奏してないってことでもあるんですが。
それから、本を手に取って一度は去って、やっぱり戻ってきて買って下さった方や、バンド活動をしていて、「自分の世界観に似ている」と仰って下さった方が居たのも印象的で嬉しかったです。購買層は若い方が圧倒的に多かったようです。

あと意外だったのは、短編集より長編の方が売れ行きが良かったことですね。短編集は薄いながらも何気にかなりコストがかかっているので(その為血の涙を流しながら値下げしました)、経費回収的には長編が売れた方がありがたいのですが、安くてすぐ読める短編集の方が売れるかな?と思っていたで、ちょっとびっくりでしたね。やはり文章系の即売会だけあって読み応えが求められるのでしょうか。

ちなみに、長編『壊れた私と、彼女の殺人』と短編集『さよならを教えて』はどちらも新刊でしたが、『壊れた私~』はCOMITIA108が初出の為、今回の即売会に合わせて作った本当の意味での新刊は『さよならを教えて』の方です。

そして当日の思い付きで言ったことなのですが、即売会で新刊を買って下さった方は、次回の新刊を割引き致します

と言いつつ、新刊の予定は全く立っていないのでどうなるか分からないまま、かなり無責任に言ってしまったのですが、次回の即売会(5月の文フリには出たいなー……)で今回お買い上げ頂いた本をその場でご提示頂ければ、新刊を割引き価格でご提供したいと思います。

はてさて、頒布も無事終わり、撤収という折りになったのですが、ちょっと心残りだったのは、売り子が自分一人だった為にブースを長い時間空けるわけにはいかず、自分の買い物がほとんど出来なかったことです。なので買えたのはこのブログをきっかけで知り合うことが出来た清水結衣さんの小説二冊(装丁がめちゃくちゃ綺麗な上にポストカードよお手製ブックカバー付き)、お向かいのブースで頒布されていた、まちあかりさんのオムニバス本一冊、同じくお向かいさんだった喫茶マリエールさんの小説本一冊です。

戦利品たち
bunhuri1.jpg

優先して読まなければいけない本が結構あって、寝る前にチマチマ読んでいるのでまだ読破出来ていないのですが、少しずつ楽しもうと思います。

次回の東京での文フリはGW中ですね。その頃にどういう状況になっているかちょっと予想がつかないのですが、出来ればまた短編集を出したいなと思っています。

尚、既刊本は全て通販対応しています。<既刊本リスト>もリニューアルしましたので、宜しければご覧ください。

それではまた。
| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

いずみさや

Author:いずみさや
東京在住
漫画原作・小説等を制作
お問い合わせはlied.von.sayaあっとgmail.comまで
twitter:@saya_works
Author画像は自画像ではなくサークルのイメージキャラクターです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。