スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

alone, lonely, solitude

2014.08.15 00:21|雑記
この間すっごく長い記事を書いたのにアップロードのミスでオジャンになってしまい大変にやる気を削がれたのですが、やっぱり書いておきたいなーということがあったので改めて同じことについて、言葉を変えて書きたいと思います。消えた記事ではやや興奮気味でフンフン言いながら書いていたので重たい文章になってしまったのですが、ちょっと時間を置いてクールダウンしたので、冷静に書きたいと思います。

何について書いたかというと、「孤独」についてなんですよね。あ、別に悲しいことを書こうとしているわけではないです。「孤独」。寂しい響きではありますが、そうそう悪いばかりのことでもないというか、ある意味では大切なことなんじゃないかなと思います。というのも、孤独であることって結構当たり前のことで、それを自覚して初めて気付けるものって沢山あると思うんです。

泉水は「愛」と「正義」という言葉が大好きなんですが、それだって孤独を知らなければ見つけられないものだと思います。というのも、どちらもその根本は「思いやり」であって、人を思いやることは孤独を知っている人にしか出来ないからです。

人の痛みを知らない人は人を傷付けることに無自覚です。人を愛おしく思ったり、何かを守りたいと思ったりすることって、「人やものを大切にすることの大切さ」を分かってなくちゃ出来ないことだと思うんです。「大切なものの儚さ」と言ってもいいかもしれません。それを大事にしないと消えてしまう、放ったらかしにしていたら壊れてしまうよということを知らなければ、扱いはどんどんゾンザイになっていきます。愛も、縁も、大切にしていなければ簡単に壊れます。人を思いやれるのは、思いやりの暖かさを知っているからで、そしてその暖かさは、孤独という寒さを知っているからこそ感じ取れるものです。

他にも孤独がもたらしてくれるものはあります。孤独で居ると自分のことについてもよく考えます。一人になった自分が大切にしたいもの、貫きたいものは何だろうと、自問します。他にやることが無いからです。だって、自分一人になったとき、手元に残るものってそれくらいだと思うんです。それを突き詰めていくと、自分の価値基準が定まってゆきます。それを私は「正義」呼んでいます。

うーん、何だかやっぱり説教くさくなっていきますね。会話の中ではもうちょっとニュートラルに言いたいことを言えるんですが、相手の顔が見えない文章だとつい説明過多になって重たい表現になってしまいます。……こうやって唐突に関係無いことを挟めるのはブログの好きなところです。

孤独が当たり前のことであるということについてですが、そうは言っても「人は一人で生きていない」と泉水は思っています。人が生きる社会というのは孤独な個人の集まりで出来ていて、孤独であるからこそ人は一人ではないのです。孤独じゃない個人っているんでしょうか。生まれてから死ぬまで100%の運命共同体で意思すらも共有しているのじゃない限り、どこかで誰もが孤独なんだと思います。その孤独の中で、いかに人に癒され人を癒していけるかが人間としての生き様じゃないでしょうか。

もう書けば書くほど説教くさくなるので今日はここでやめます。

最後に、泉水がここしばらくで一番人の思いやりを感じたことを紹介します。ツヅリ・ヅクリのライブでのことです。
今年の5月に大きなワンマンライブがあって、とてもとても楽しい時間を過ごしました。しかしながら、そのとき実はちょっと落ち込み気味の気持ちでライブに参加していまして、今日は癒されるぞーという気概で居たんです。ライブが始まって、精一杯応援して(でもツヅリのファンは大人しい人が多いのでご本人達からしたらもっと盛り上がって欲しかったのかも……)、最高に清々しい気持ちになっていました。そしてアンコール前の最後に「グッドラック」という曲を演奏されたのですが、そのときにピアノ/ボーカルのムムさんがMCで「これから寂しいことや辛いことがあるかも知れません、でもそうしたらまた会いに来てね。それでは皆に送ります『グッドラック』!」と仰ったんです(一語一句同じではありませんが)。その「『グッドラック』!」の一言で涙がワッと溢れてしまって、「ああ、人から思いやりを受けるってこういうことなんだ」と思いました。
それが泉水にとってどんなに励ましになったか、言葉もありません。いつかこの気持ちを身の回りの人に還元して、それが巡り巡ってツヅリ・ヅクリのお二人にも届けられるといいなと思っています。

そうは言っても日々嫌なことはあるし愚痴や暴言もつい吐いてしまうのですけど、ふとしたときにあの時の綺麗な気持ちを思い出して反省しているのです。

そんなこんなで、孤独のお話でした。正直書きながら思考がこんがらがって途中放棄したことが否めないのですが、このテーマは連載記事で書いている「灰色の日常」と同様にsaya works、ひいては泉水沙耶の根幹でもありますので、そのうちまた違う言葉で書きたいと思います。

それではまた別の記事で。

ツーピースバンド「ツヅリ・ヅクリ」 訂正アリ

2014.07.01 20:40|雑記
こんにちは、泉水沙耶です。
今回は前々から書きたいと思っていたことをご紹介します。

このブログは同人活動の報告と宣伝の場として作ったのですが、これからは趣味も兼ねて私、泉水沙耶の好きなものについてもちょっとずつ書いてみようと思います。色んな方にこのブログの存在を知って頂けたら嬉しいですし、こんな趣向の人が書いてますよーというのをご紹介するのもいいかなと。あと私自身が楽しいというのもあります。

さて、勿体つけて書くのは泉水が大大大好きなツヅリ・ヅクリというバンドのことです。先日のニコニコ超会議に出演されたり、ミュージックドラゴンという音楽番組で紹介されたりと、この頃メディア露出が盛んになっているユニットなのでご存じの方も多いかも知れません。

ツヅリ・ヅクリ
tuzuri2.jpg


まず、私、泉水沙耶は音楽好きでありまして、ざっくり分けてもクラシック、ポップ、ロック、メタル、ヒップホップ、カントリー、ジャズ、エレクトロニカ、ミニマル、アニソン等、洋楽も邦楽もボーダレスに色んな音楽を聴きます。然るに好きなアーティストも沢山居ます(歳を重ねると共に精査されてきましたが……)。そんな中で一番と言っても過言ではないほど好きなバンドがツヅリ・ヅクリなのです。

ツヅリ・ヅクリの音楽を初めて聴いたのは去年のことなので、他の好きなアーティストと比べると視聴歴は決して長くないのですが、聴き込むうちにグイグイと惹きつけられて、生涯殿堂入りアーティスト認定となりました。

サインも持ってます
tuzuri1.jpg


ツヅリ・ヅクリはピアノ/ボーカルの菅井宏美さん(ムムさん)とカホンの金山典世さん(てんさん)の二人組で、シンプルな構成ながらスローバラードからハードなロック調な曲までを幅広くこなすバンドです。

何から語れば良いやら分からないというか、だから今まで記事に出来ずにいたのですが、いざ書くとなるとやっぱり何から語れば良いか分かりません。

まず、歌唱/演奏技術が高い。それから作詞作曲センスが冴えわたっている。そしてお二人の人柄が凄く面白い。

しかし、それを言うならメタルのエリート集団Dream Theaterや歌手でありながら数々の文芸誌に特集されるBob Dyl
anやメンバー全員に詳細な設定付きのビックリモンスター集団Lordiも同じこと。いや、どのアーティストも大好きなんですが。

そんな数々の魅力的なアーティストの中でも何故ツヅリ・ヅクリが大好きかと言うと、その理由は「言葉に出来ない部分」にあります。

……オイ、って感じですが、そうとしか言いようが無いのです。でもこれで記事オシマイってわけにもいかないのでもう少し説明しますと、音を聴いた瞬間、歌詞を呼んだ瞬間に心と脳に訴えかける衝撃、第六感的な印象がもの凄く強いバンドなのです。それが泉水の波長にはバッチリ合っていて、心を抉り、隣に優しく寄り添い、力強く背中を押してくれる、そんな楽曲が沢山あります。これは思うにツヅリ音楽を作っているお二人がいかに本気であるかの証明ではないでしょうか。

音の好みや感性の相性はありますが、ツヅリ・ヅクリの音楽を聴けばその真摯なモノ創りの姿勢が伝わってくると思います。私は趣味趣向の押し付けが嫌いなので、「誰もが好きになるはず!」みたいなことは言いたくありませんが、その代わりツヅリ・ヅクリの音楽は少なくとも泉水の心と脳の奥底に響き渡り、人一人を夢中にさせるだけの魅力は十分に持っている、ということを強く主張しておきます。

論より証拠ってことで、youtubeで紹介されている動画を貼っておきます。
まずは最近ツヅリ・ヅクリの魅力を広く知らしめるきっかけとなった「ツバメ」のMVから。ツヅリ・ヅクリ自身の魅力は重ねて言うまでもないですが、MVのセンスもパワフルで、切な想いの詰まった、懸命に生き抜こうとする人への応援歌です。


これもツヅリ・ヅクリの名を広めるのに一役買った本名陽子(原曲:John Denver)「カントリーロード」のカバー動画。


そして個人的に一番推したい1stアルバム「描け出す世界」収録のオリジナル曲「アイデンティティ」。私が本格的にハマるキッカケとなった曲です。


いかがでしょうか。もはや多くは語りません。読んでもらえなくなりそうだし。執拗な称賛の言葉から泉水のツヅリ愛は伝わったかと思います。これからも雑記カテゴリーの記事でツヅリのことに触れることがあるかと思います(怒られなかったら)。とりあえず、今回はこんなところで。

……お気づきかと思いますが、まだ触れてないツヅリ・ヅクリの魅力がもう一つあります。

お二人のビジュアルです。

才能とビジュアルは比例するんでしょうか。最近はアスリートもイケメン美女が多いですよね。
私はムムさんのように生まれたかった……。

ツヅリ・ヅクリofficial site<http://tsuzurizukuri.com/


追記1:「カントリーロード」の作者を松任谷由実さんと表記していましたが、正しくは本名陽子さん(原曲:John Denverさん)です。お詫びして訂正致します。

追記2:なんと!ツヅリ・ヅクリご本人に記事を読んで頂きました!!!というか、追記1のご指摘は金山典世さん(てんさん)から頂きました。申し訳ございません……。Twitterでのリツイートまで頂き恐縮しまくっています。ネットって凄い。

ミヒャエル・エンデ『影の縫製機』

2014.06.22 18:17|雑記
書きかけの長編を放ったらかしています。もう少しで終わるし展開も決まっているんですが、何故か書けません。
プロは書けるとか書けないじゃなくて「書く」を求められるんだろうなと考えると、こんな悩みは甘ったるくて仕方ないものだと思いますが、書けないのです。

nopposan.jpg

部屋の掃除をしていたら2年前に買った詩集が出てきました。
ミヒャエル・エンデ『影の縫製機』(Ende, Mihchael "Die Schattennähmaschine" 1982)です。

ende2.jpeg

紙のカバーに入っていて、中の本はべロアの装丁です。

ende1.jpeg

エンデと言えば『はてしない物語』や『モモ』で有名なドイツの児童文学作家です。
泉水は『モモ』を読んだのが大学4年の頃だったので、エンデと言えば専ら『はてしない物語』です。
原作では魔狼グモルクがクールで好きでした。映画ではただのチンピラになっていましたが。
『モモ』を読んで気付いたのですが、『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦先生は第五部で『モモ』を参考にしたのではないでしょうか。何かとオマージュっぽい要素が多い気がします。

この詩集は2012年に大学の図書館でレポートの資料を探しているときにたまたま図書館で見かけてついでに借りて読んだのが初めてなのですが、冒頭の「本当の林檎」という詩から惚れ込み、amazonで購入しました。
本当は原語でも読んでみたかったんですが(読めませんが)、当時探したところでは手に入れる方法が無く、未だに翻訳版しか読んだことがありません。そのうち出会いがあれば原語版を手に入れて見比べたいです。

……だから何ということもないのですが、ちょっと懐かしい本が出てきましたよというお話です。
ブログを更新したかったのですが、特に書くことが無かったので書いてみました。

今日中に長編『壊れた私と、彼女の殺人』の試し読み版を更新する予定です。
コレ、お金を出して買って下さった方がいらっしゃる以上、やたらと無料公開しちゃうのもなぁと思って試し読み版という形をとっているのですが、正直どこまで公開するか具体的には決めていません。最後まで公開しちゃうのはなんか違う気がするし、だからといって読んでもらえないと意味無いし……うーん、どうしよう。
とりあえず、11月の文学フリマに出店出来たら前回のCOMITIAで余った在庫も持っていきますので、ご興味持って下さった方は文学フリマか、もしくは通販にてお求め頂けると嬉しいです。

5/5 COMITIA108レポ

2014.06.01 21:25|雑記
今更も今更ですが、せっかくブログを作ったのでCOMITIA108のレポートを書きます。
コミティア自体に参加するのは二回目、出店者としては初めての参加でした。

画像は後日参加したデザフェスのもの
desighnfes.jpeg

都庁とビックサイトは有事の際に変形するんだと思います。

10:00少し前に到着。
当日前に印刷物を確認したくて本を会場に郵送しなかったので、在庫の入った段ボールを抱えて出店者の列に並んで入場。いそいそと準備。
近隣のサークルさんが次々にでっかいポスターやノボリは設置していくので、自分も宣伝用ポップとA4サイズの急場しのぎなポスターを用意してきたものの、「じ、地味だったかな……」と気圧される。

10:30頃、作画担当の相方、ざわ到着。
万年同じコートを着ているざわが初めて見るブルゾンを着ていたので一瞬誰だか分からない。
とりあえず準備を済ませて、買ってきたお茶を飲んだり何度もトイレに行ったりしながら見本誌提出等の手続きを済ませて待機。

ブースの様子
booth.jpeg


11:00開場。
ブース前を通る人々に「立ち止まれ……立ち止まれ……立ち止まって下さい……」と念を送りながら人の流れを凝視。
その後しばらくは立ち止まったり、本を手に取ったりしてくれる方はいるものの一向に売れず。周りのサークルさんの本が売れるのを物欲しげな目で見つめる。

11:40頃(だったと思う)。
スーっとブースの前を通り過ぎていくと思いきや急ブレーキで立ち止まった男性が「これとこれ、一冊ずつ下さい」と漫画と小説の両方をお買い上げになる。びっくりと嬉しさとでテンパりながら立ち止まって「700円になります」とお会計をして、「ありがとうございます!」と最敬礼で見送る。
ざわと顔を見合わせ、「すげぇ、売れたよ」。

しかしその後、売れない。

売れない。

売れない。

売れる気配が無いので、店番をざわに任せて買い物に出る。事前にチェックしていたサークルさん方を中心に巡る。
安倍吉俊氏のブースが早々に品薄になり撤退されていたことを知りショックを受ける。

この後の時間はよく覚えていません。
ブースに戻り、ざわと店番を交替。ざわが帰投してしばらくの後、大学院の先輩がやってきて同期の分を合わせて小説と漫画二冊ずつお買い上げ。更に差し入れにアイスティーとコーヒーを頂く。コーヒージャンキーな私は何も言わずにコーヒーを取る(ざわはコーヒーが飲めません)。

立ち止まってくれる方、パラっとめくってくれる方、熟考してくれる方、フリーペーパーを取ってくれる方など、一応興味はもってもらえるものの売れず。ざわの絵が目を引いていることは確かなので、内容(原作)がダメなのか……と凹む。

会場の人も少しずつ減り、ぼちぼち撤収するサークルさんが現れる中、最後まで粘る沙耶。イベント終了15分前あくらいに一人の男性がパラパラと漫画をめくった後、「これ一冊下さい」とお買い上げ。お会計後、最敬礼でお見送り。

16:00イベント終了。
朝から不安定だった天気が小雨になり、沙耶(天パ)の髪が棚町薫状態になる。

棚町薫
e0025035_14464261.jpg

17:00撤収&在庫を自宅に郵送。お隣だった、こねこねこ氏と同人誌を交換して頂く。
敷地内のタリーズで反省会。帰り電車ではざわが寝落ちしたので、沙耶は一人反省会第二部。


……とこんな感じでした。
帰宅後は戦利品を読みながら、こんなクオリティの同人誌を作れるようになりたいなーとウズウズしてました。もっと買い物したかったけど印刷代でスッカラカンになっていたのでこれが限界でした。悔しい。

戦利品
sennrihin.jpeg

ロクに宣伝活動もしないまま臨んだ無名の新米サークルなのである程度は覚悟していたものの、やはり全然売れないのはそれなりに落ち込むものがありました。でも、知り合い以外の方にも買って頂けたのは本当に嬉しくて、出店して良かったと思いました。また、即売会の独特な活気が大好きなので帰宅してしばらくは興奮が冷めませんでした。

その後、友達や親戚や兄弟の友達等々、方々へ営業してそこそこの冊数を売ることが出来ました(10冊ずつゴソっと買って頂けたこともありました)。中には知り合い以外の方にも買って頂けることもあって、ありがたい限りです。今後も今回の在庫は既刊本として頒布致しますので、是非是非お手に取って下さい。

次の即売会参加は11月のCOMITIAと同月の文学フリマの予定です。その時には漫画も小説もボリュームアップしたものを刊行したいと思っています。また、新しく思いついた試みもありますので、どうぞ宜しくお願致します。

今日、ジョジョの奇妙な冒険第二部を読了しました。

ワムウッ!

『壊れた私と、彼女の殺人』について

2014.05.30 17:12|雑記
初の同人誌二冊のうちの一冊として刊行した『壊れた私と、彼女の殺人』ですが、これは5年ほど前に書いた初の長編小説に挿し絵を入れて、加筆修正をしたものです。

初めて書いた長編であり、同時に初めて文学賞に投稿した作品でもあります。某社の新人賞で最終選考まで残して頂き、当時はもの凄く調子に乗りました。その後すぐにそう簡単にいかないということを思い知らされましたが。ともあれ、とても思い入れの深い作品です。

しかし、いつまでも過去の作品ばかり気にしてはいけないと、今回の刊行にあたって最後の編集のつもりで手を加え、自分の中で区切りをつけることにしました。

主人公の中原美加子は初めての小説で名付けた登場人物であり、書いてきたキャラクターの中で一番気に入っています。書いていく中で当初考えていた人物像からどんどん離れて独り立ちし、最後には思いもよらない台詞を喋って作者の私よりずっと繊細で頭の良いキャラクターに成長しました。書き終えた今では「自分は彼女のことをちゃんと理解してあげられていただろうか……?」とさえ思っています。

いつかまた別の形で美加子の物語書けたらいいなと考えています。

ちなみに、『壊れた私と、彼女の殺人』は小説投稿サイト「小説家になろう」で試し読み版が読めます。5/30現在ではプロローグのみですが、時期を見てちょっとずつ更新する予定ですので、是非お試し下さい。
リンク:小説家になろう 泉水沙耶
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

いずみさや

Author:いずみさや
東京在住
漫画原作・小説等を制作
お問い合わせはlied.von.sayaあっとgmail.comまで
twitter:@saya_works
Author画像は自画像ではなくサークルのイメージキャラクターです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。