スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二十回文学フリマ東京参加のお知らせ&マスコットリニューアル!

2015.05.01 18:53|info
ご無沙汰しております、泉水沙耶です。

第二十回文学フリマ東京まで、あと4日に迫りました。告知が遅くなりましたが、今回も参加致します。
会場や開催時間、ルールについては文学フリマ公式サイトをご覧下さい(http://bunfree.net/)。
saya worksのサークルスペースはC-20です。
今回頒布するものは、既刊リストにある長編小説、短編小説集、漫画の各1種の3点です。漫画のみ文学フリマでは新刊の扱いになります。
小説の新刊は……次回出します。

前回の文学フリマで販売しているときに思い付きで言ってしまったのですが、過去に既刊をお買い上げ下さった方は、既刊をお持ち頂くか、お持ちの既刊の写真を見せて頂ければ、今回のお買いもの総額から100円引きいたします。

とりあえず、お品書きと各商品のご紹介を。

長編小説『壊れた私と、彼女の殺人』 ¥600-
kikan1.jpg
それでも私たちの日常は、終わらない。無機質で平穏な日常の中で起きた殺人事件。灰色の日常をもがき生きる少年少女へ送る青春×ホラー×ミステリー。


短編小説集『さよならを教えて』 ¥300-
kikan3.jpg
見ない振りをしてきた人生に、倦怠感漂う日常に、踏みにじってしまった過去に、別れを告げたくて、人知れず交差する縁の中で彼女たちは彷徨う。彼女たちが願うのはただ一つ。「さよならを教えて」。
少女たちの生き辛くて切実な青春オムニバス。


短編漫画『箱庭古書』 ¥200-
kikan2.jpg
少年と少女は帰路で土砂降りの雨に出くわす。雨宿りする二人の前に木の上に取り残された猫が居た。嵐のような風雨の中で二人に出来ることは何もない。猫を助けようとする少女とそれを引き留める少年。ある雨の日、少年と少女のすれ違い。いつかの青春の出来事。短編『雨の日』収録。


以上の既刊本に加えて、サークル紹介等の情報や今後の活動、新刊の試し読みを付けたフリーペーパーを配布致します。新刊に収録予定の短編が丸ごと一本読めますよ!

更にお知らせ!今いち設定があやふやだった、当サークルのマスコットキャラが正式に決定いたしました!前の記事にも何となく書きましたが、今回デザインをリニューアルすることをキッカケにしっかりと決めたいと思います。

彼女がsaya worksマスコットキャラ、sayaちゃんです。saya≠泉水沙耶ですので、即売会に来て幻滅しないように。
期せずして前のデザインとも共通性のあるルックスになったので、以後はこのイラストを公式として告知や何かのときに登場してもらおうと思います。sayaちゃん自身の設定については相変わらずあやふやです。

sayatyan2.jpeg
sayaちゃん

繰り返しますが、saya≠泉水沙耶ですからね!
デザインは稀崎冬乃さん(@Kisakitouno)にして頂きました。普段は灰羽連盟とか艦これのイラストを描かれています。泉水沙耶の個人的な友達です。

そんなsayaちゃんの紙面初出であるフリーペーパーの一部をご紹介。もうちょっと色々書いてありますが、こんな感じです。
スクリーンショット (3)

今回は以上のような感じで臨もうかと!では会場でお待ちしております!

【第十九回】頒布情報まとめ(改定)【文学フリマ】

2014.11.22 01:05|info
土壇場ではありますが、第十九回文学フリマの頒布に関する情報をまとめます。

まず、泉水沙耶のブースは東京物流センター第二展示場1FB-63、サークル名は「saya works」です。

当日は一人で売り子をやっとります。トイレが非常に近い体質の為、不安です。

頒布するのは新刊二冊。長編小説『壊れた私と、彼女の殺人』と短編集『さよならを教えて』です。
前者はCOMITIA108や通販で既に頒布しており、後者は今回の即売会に合わせて作りましたが、文学フリマに頒布したことがなければ新刊扱いのようなので、どちらも新刊として頒布します。

宣伝ポスターはこんな感じ。前回の記事にも載せていますが、誤字を発見したので修正しました(でももう印刷しちゃった……)。

19回文フリポスター2

19回文フリポスター1(修正)


画像にもある通り、各本の値段は
『壊れた私と、彼女の殺人』¥600-
『さよならを教えて』¥500-
となっておりますが、

『さよならを教えて』については『壊れた私と、彼女の殺人』とのボリュームの差を考慮し、価格改定をすることに致しました。正直、かかっているコスト的には上記の値段でも赤字なのですが、手に取ってもらえなければ意味が無い!ということで、致死量出血覚悟で

¥500-¥300-

とさせて頂きます。二冊買っても¥900-!!¥1000でお釣りがきます!!

それでは文フリにご参加予定の皆様、当日は何卒宜しくお願い致します!

【第19回】お久しぶりです【文学フリマ参加します】

2014.11.18 23:04|info
ご無沙汰しております!泉水沙耶です。

実に三カ月ぶりの更新となってしまいました。だらしない限りです……。
もしチェックして下さっている方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ないです。

この三カ月何をしていたかと言いますと、Twitterをフォローして下さっている方はお分かりかと思いますが、アレコレ環境の変化があったりその他色々とバタバタしておりました。
ずっと更新されていないブログにはよく広告が表示されて「~カ月間更新されていないブログには広告が表示されます」なんてメッセージが出ますが、「自分に限ってコレは無いなー」とか思っていたらいつの間にやら自分のブログにもそれが。つまりそれはそのブログが廃墟と化していることの証。それはいけません。
saya works、活動しております。ちょっと停滞気味でしたが、今後はちゃんと更新していこうと思いますので、宜しくお願い致します。

さて、今回の記事で一番にお伝えしなければならないことは、次なる同人誌即売会への参加についてです。前々から話題には出していましたし、Twitterでは告知済みなのですが、

「11/24 第19回文学フリマ」に出店者として参加します。

サークル名は「saya works」、ブースは「1F B-63」です。

そこでは既刊本(長編小説)と新刊(短編集)の二冊を頒布予定です。
既刊本は前々回のCOMITIAでも頒布した『壊れた私と、彼女の殺人』です。新刊は小説投稿サイト「小説家になろう」で公開していたショートショートから選抜して編集を加えたものに、書下ろしを加えた、計9編が収録されています。

新刊のタイトルは『さよならを教えて』。
鬱ゲーと名高い某成人ゲームとは無関係です。このタイトルを考えついたときに、泉水の頭にもあのゲームが浮かんだのですが(未プレイだけど)、響きが気に入ってしまったし、本全体の趣旨にもピッタリ合うので、どうしよう……と思案していたとき、偶然に子供の頃好きだったフレンチポップ歌手、フランソワーズ・アルディのCDを聴いたのです。
何故か幼稚園生くらいのとき、毎日彼女のベストアルバムを聴いていました。特に「Comment Te Dire Adieu」と「Ma Jeunesse Fout Le Camp」が大好きだったのですが、「Comment Te Dire Adieu」の邦題がなんと「さよならを教えて」だったのです!当時理解していなかった歌詞の内容も本の趣旨に合致。運命じみたものを感じたので、直観に従いこのタイトルに決めました。

ちなみにこんな曲です。
Françoise Hardy”Comment Te Dire Adieu”

そしてなんと!今回の新刊は豪華版。プロのカメラマンとプロのモデルを起用した挿し絵ならぬ挿し写真が挿入されております。表紙もプロのカメラマンである中根佑子さんに撮って頂きました。

さて、頒布する本のPRについてですが、とりあえず表紙に文字を入れて作ってポスターを作ってみました。当日はA3くらいにプリントしてブースに貼る予定です。

こんな感じで。

19回文フリポスター1

19回文フリポスター2

ちなみに価格は現時点での仮なので、変わる可能性が無きにしも非ずです。ごめんなさい。単独運営になった為、コストの負担が単純計算で倍になったもので……。でも手に取って頂けなければ意味が無いし、別に利益を出そうとは思っていないので、努力したいと思います。
この他に来場される方の目に留まるにはどうしたらいいかなと色々思案中です。予算的にそんなに派手なことは出来ないかと思うのですが、100均などを駆使して何とか見栄えのするブースにしたいです。

と、当日一週間前になって今更の告知ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

ブログをお休みしていた三か月間もライブには度々足を運んでおりました。2月にはツヅリ・ヅクリのワンマンライブ&ニューアルバム発売だそうで、楽しみです。そして相変わらず漫画も買ってます。今日は久しぶりに色々と新刊を買ったので、それを読みながら寝たいと思います。

それでは、文フリにお越しの皆様は是非是非、「1F B-63」に遊びに来てやって下さい。立ち読みも大歓迎ですので!

サークル名更新+お知らせ

2014.07.17 21:31|info
この度、サークル名を「箱庭古書」から「saya works」に更新しました。
サークルが単独運営に変わったときからサークル名を更新することを考えていたのですが、色々とキッカケがありこのタイミングで更新することにしました。以前とは違う形で運営するので、やはり名前も変えたかったのです。

というワケで、今後は「箱庭古書」改め「saya works」を宜しくお願い致します。
まだTwitterの移行も完全には済んでおらず、「箱庭古書」として活動していた時期、つまりCOMITIAで同人誌を購入して頂いた方や名刺を受け取って下さった方もいらっしゃいますので、もうしばらくの間は当ブログの冒頭記事である「first of all」にサークル名変更の旨を載せておくつもりです。

さて、お知らせがもう一件です。
先日、長編既刊本である『壊れた私と、彼女』の殺人の試し読み版をSNSサイト「小説家になろう」と「pixiv」で完結させましたが、今月末か来月始めに次の長編連載を始めたいと思います。これも過去作なので、原稿は既にあり、今度は毎日、あるいは二日に一度くらいのペースで更新したいと思っています。また、これは同人誌として刊行していない作品なので、最後まで内容を掲載致します。
今度は趣きを変えて現代ファンタジーのライトノベルです。普段のショートショートや『壊れた私と、彼女の殺人』とは違った、少年漫画風のライトノベルですので、作風や想定する読者層が異なって見えるかも知れません。タイトルは『東京ファンタジックテイル』です。
こちらもpixivにて挿し絵付き版の投稿をしたいと考えていますが、「小説家になろう」で先に連載を開始する予定です。更新頻度が高いため、短い間となると思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。


またまたライブに行ってきました!例によってツヅリ・ヅクリに釣られて行ったのですが、新しく素敵なアーティストさんと出会うことも出来ました。近々またライブレポを書きたいと思います。何のブログだか分からなくなりそうですが、楽しいのでライブレポは続けます(笑)。

それでは改めて、今後とも「saya works」を宜しくお願い致します。

新作情報×2

2014.07.09 20:16|info
今日はお知らせ二つです。
ショートショートに新作を投稿しました。(リンク:小説家になろう



投稿済み作品『憂鬱な気分』に挿し絵と表紙が付きました。(リンク:pixiv

です。

あと身の回りの物シリーズ。

時計を買いました。

mono.jpg


外で振り回しても大丈夫そうなやつです。
明日これを付けてツヅリ・ヅクリのライブに行ってきます!
台風どっか行け~。
| 2018.07 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

いずみさや

Author:いずみさや
東京在住
漫画原作・小説等を制作
お問い合わせはlied.von.sayaあっとgmail.comまで
twitter:@saya_works
Author画像は自画像ではなくサークルのイメージキャラクターです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。