【第二回】serial experiments lain論考【テーマ編】

2018.06.15 00:46|連載記事

前回に引き続き、serial experiments lainの評論の第二回目です。
結構長いです。一回1500字前後って言ったのに倍くらいあります。
テーマ、フォーム、メタの視点からそれぞれ書いて、最後にまとめるということで第五回で完結と思ってはいます。
が、クラブサイベリアの当日である7月7日までに終わるのか?
別に当日までに終わってなきゃいけない制約はないけど、それをきっかけに書きはじめたわけで、なんとなく完結していたい。

それはそれとして、これ他人が読んで面白いのかどうか自信があまりないです。
自分でもちゃんとした内容になってるか判断つかなくなってきたし。
ホントなら何日か寝かせたり、推敲したりして内容を精査すべきなんでしょうけど、前回書いたように、書き終えてから整えて直して、みたいなことでなく、リアルタイムな感じで書き綴っていきたいという気持ちもありつつ。

やってみたかったというのが正直なところなので、あまり考え過ぎずにとにかく最後までやってみたいなという感じです。
まともなものになったかどうかは、全部やってみてから考えるということで。
それでは、以下本文です。



【第二回 serial experiments lainに見る複合性―serial experiments lainに関する一連の実験的批評 テーマ編】


本論考の導入である第一回において、まずはテーマ、フォーム、メタという三つの視点から個々に評論を構築すると述べたが、テーマとフォームは相互に影響し合うものであり、一つについて語ると他方に越境する箇所がある。それを踏まえた上で、今回はserial experiments lainにおけるテーマ批評を構築すべく、この作品の物語内容を読み解いてゆく。

この物語の主人公、岩倉玲音は内向的な少女である。中学生である彼女は、年齢相応よりやや幼く見える。実際、同級生からは子供っぽいと称され、ペンギンのような独特のおぼつかない足取りで階段を降りる様子は無防備で頼りない。
また、人には聞こえない音が聞こえたり、見えないものが見えたりするなど、空想癖があるようだ(客観的にはそう見えるだろう)。また、家庭内では露骨な不和は見えないまでも、コミュニケーションはどこかぎこちなく、玲音とは対照的な風貌をした姉は、妹に対して冷ややかですらある。こうした日常の描写から、玲音は、いわゆるアウトサイダー的な「弱い」存在であることが察せられる。

物語は四方田千砂という少女の自殺と、死んだはずの彼女からメールが届くという学園ホラー的事件から始まり、玲音の身の回りにも不可解な出来事が起こるようになる。冒頭の展開からは、克服すべき要素を抱えた主人公が、謎の中核に迫ってゆくとともに成長的な覚醒を促す事態に直面するという、ミステリー要素を含んだ成長譚を予感する。
こうした物語では、多くの場合、主人公は共感すべき出来事の体験者として描かれる。そこでは、読み手(本来は視聴者と記すべきだが、文芸批評的な手法を採用する都合上、作品の受け手は「読み手」と記す)は主人公と同じように戸惑い、主人公の目線で様々な展開に直面するが、この作品においてはそれが唐突に裏切られる。

続く展開で、玲音には本人も自覚しない他の人格が存在するらしいことが分かる。これに際して、読み手は玲音や他の登場人物同様、謎に対する疑問を抱きながら次の展開を待つのだが、第3話「layer:03 Psyche」において玲音の様子に変化が起こる。
それはまさに人が変わったかのようであり、同エピソードの終わりの場面では、玲音は姉の美香に対してそれまでの人物描写からかけ離れた満面の笑顔で「お帰り、お姉ちゃん」と口にする。その様相は明らかに異様であり、それまで共感すべき体験者であった玲音は、読み手を突き放す。

この後、玲音には更に複数の人格があるらしいことが分かる。これについては、小中千昭氏の脚本やファンの中では便宜上「玲音」、「レイン」、「れいん」、「lain」というように同音異表記で区別される。この中でいわゆる「主人格」を厳密に指名することは難しい(素直に考えれば主人格は玲音となるのだろうが、他の人格と比べて本物と偽物といった区別は無いし、どこまでがどの人格なのかも明確に示されているわけではない)。
複数の人格が予告無しに入れ替わり、玲音は、共感すべき物語の体験者としての機能を果たさなくなってゆく。それと交代するように、玲音の同級生である、ありすが読み手と近い目線で登場するようになる。

一般的な成長譚は、主人公の主観によって語られ、動作主体としての主人公と、その相対で起こる事象の相互作用によって物語が展開してゆく。こうした物語では、主人公の心理描写が作品の主要素となる。例えば、教養小説がそれに該当する。
しかし、謎に直面する弱い主人公であったはずの玲音は、心情を明かすどころか、次々に読み手を霧中に迷わせるような謎をまとい、分裂してゆく。作中のキーワードに「偏在している」という表現があるが、多重に分裂した玲音は、まさに世界に遍在する素粒子のごとく、断片的な場面に顕在化したかと思えば異なる側面を見せて、統合的な一人の人物像を作らせない。

物語が展開し、世界観や様々な謎めいたキーワードの意味が明らかになってゆくにつれて、本筋となる出来事が見えてくる。仮想空間であるワイアードとオフラインの現実であるリアルワールドの境界を取り除き、昇華された(新しいプロトコルが実装された)世界を実現する目論見である。
この設定を理解する際に、玲音は物語の主人公というより、むしろ作品の世界観を説明するナレーターのような役割を担っていたと読むことが出来る。その説明の受け手は、ありすである(実際、物語の終盤で玲音はありすに対して一連の出来事を解説する)。

ここまでの考察を経て、玲音というキャラクターが持つ役割から、この物語が持つ二つの特徴的な要素を見出せる。

一つは、断片化された少女の人格を比喩として用いて語られる、ユートピア文学的要素である(ここでいう「ユートピア」は単に「形而上の場所」を指す)。玲音はキャラクターの形をとった物語世界の設計図という役割を持っているという考えだ。この視点に基づいて解釈するならば、この物語は、「構造と存在の関係性」についてのモデルケースであるといえよう。
「構造」とは、玲音という比喩的キャラクターを用いて説明された世界のことであり、「存在」とは主人公としての玲音自身やありすとった個なる人格のことである。

ワイアードやリアルワールドといった既存の世界、また新たなプロトコルが実装された新世界といった「構造」が、前者は固定されたもの、後者は前者からの脱構築により生み出されたものとして描かれているが、動作主体の無い構造は静止状態であり、いかなる意味も持たない。構造の機能が見える形でアクティブになるのは、構造の中におかれた個(玲音やありす)との相対で起こる事象においてである。つまり、比喩的キャラクターとしての玲音によって説明された構造は、動作主題たる個としての玲音やありすによって意味を為しているのだ。

既存の世界と新世界の関係は、モダニズムと、ポストモダニズムのそれと似ている。つまり、技術的な飽和を迎えた世界と、その内省的な脱構築により生まれた新世界の関係である。とすれば、我々が生きる現在においてポストモダニズムの更に後の時代に対する解釈が問われているのと同様に、serial experiments lainの世界においても、いずれ新世界の更に次の世界が問われることが想像出来る。

新世界においても次なる玲音が現れるかという問いをどう考えるかは、もう一つの要素と関わる。岩倉玲音という少女に起こる人格の断片化と止揚の過程を描く、青春小説的要素である。玲音が人格形成の過程を経験する主体として、挫折と再構築を経験する役割を持っているという考えだ。この視点に基づいて解釈するならば、この物語は「少女が能動的な自意識を獲得する過程」であるといえる。

本編の論考において、玲音が成長譚の主人公として機能しなくなってゆくと述べたが、統合化されない断片として複数の人格が分裂してゆくことを、物語冒頭に登場した弱い主人公である玲音の、人格形成における破壊と再構築の比喩であると捉えるならば、既存の世界の終わりと新世界の始まりは、受動的な対応者であった岩倉玲音が、役目を背負う能動的な自意識を獲得するまでの過程であったと言える。

玲音はワイアードとリアルワールドの境界の無い世界を実現する鍵となる任務があったということが判明するが、それを実践した後の世界でも一人の人格としての玲音を保っている。自身が新しいプロトコルを実行する為のソフトウェアであったという事実は、玲音にとって受け入れがたいものであったが、ありすや、自身の別人格(lain)との会話を経て、彼女はその役割を全うする。

任務の達成に際しては、もはや個としての玲音の人格は必要無いはずである。しかし、新しい世界が始まり、人々が玲音の記憶を失ってなお、玲音としての人格や記憶、ありすとの個人的な関係を(一方的に)保持している。つまり、玲音が自身の役割とは別に、能動的な自意識を獲得したと言える。この選択を端的に示すように、最終エピソードのタイトルは「layer:13 EGO」となっている。
この解釈に従うならば、前述した「新世界において次なる玲音が現れるか」という問いは、いささか的外れなものとなる。なぜなら、この作品を岩倉玲音という少女個人の人格形成の物語と考えるならば、岩倉玲音以外の物語など存在しないからである。

こうした、物語を私的な問題に収斂させる手法は、「キミとボクの物語」に終始するいわゆる「セカイ系」に見られるものであるが、この作品をセカイ系と呼ぶのは適切とは言えない。というのは、作品のテーマを探る手掛かりとして先にあげた二つの要素は、二者択一ではなく、同時並行的に成立するものであるからである。
この物語は、岩倉玲音の人格形成譚という形で私有されたものであると同時に、全ての登場人物を客体化する主人公不在の論説的なナレーションであるとも言える。後者には、セカイ系の絶対的な中心である「ボク」が存在しない為、この作品はその要件に合致しない。

さて、考察の結果として、玲音というキャラクターの役割から、この作品のテーマを探る手掛かりとして、構造と存在の関係性のモデルケースと、能動的な自意識を獲得する過程という、二つの要素を仮定した。この二つは相反するものではなく、むしろ両立を認めることによってこの作品をより深く読み込むことが出来るのだ。

本論考のタイトルに「複合性」と掲げたように、諸要素の複合性こそがこの作品の特異性であると考える。これについては、続くフォーム批評、メタ批評を終えた後で、それぞれの結果を比較検討し、serial experiments lainの評論を構築する際に言及する。



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2018.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

いずみさや

Author:いずみさや
東京在住
漫画原作・小説等を制作
お問い合わせはlied.von.sayaあっとgmail.comまで
twitter:@saya_works
Author画像は自画像ではなくサークルのイメージキャラクターです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ