スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十九回文学フリマレポ

2014.11.29 17:52|雑記
こんにちは。第十九回文学フリマが終わり約一週間が経ちました。
11月は何かとバタバタしていたので、よく分からないうちに終わってしまったという感じです。
とりあえず、当日のブースはこんな感じ。

booth2.jpg

前回参加したCOMITIAのブースが地味だったので、反省を生かして色々やってみたのですが、ちょっとうるさかったかなーと。次回はもうちょっとシンプルにすると思います。でも、ポップに書いた文句を見て足を止めて下さった方もいらっしゃったようなので、どのくらいが程良いのか、力加減がまだよく分かりません。

ちなみに写真を見て頂ければ分かるように、ブースのすぐ隣が柱でして、落ち着くと言えば落ち着くのですが、窮屈でやり辛かったです。で、ポップもご覧の通りの様子なので、座ってしまうとちょうど目線が隠れて前がよく見えない!よって開場からほとんどずっと立って接客をしていました。

COMITIAとはやはり規模も雰囲気も違いますね。とはえいえ、文章系の即売会では最大規模。ブースも一般参加者もなかなかの人数でした(公式サイトによると出店者、一般参加者合わせて約3800人)。

さて、肝心な売れ行きなのですが、COMITIAで辛酸を舐めている分、仮に全然売れなくてもそれなりの覚悟はしておりました。とはいえ一応期待は込めてそこそこの在庫をトランクに詰めて引きずりながら参りました。

結果としてはCOMITIAの三倍以上の売り上げで、期待通りとはいかないまでもまぁ、決して悪くはない数でした。少しだけトランクを軽くして帰ることが出来ました。やはり前回は新規参加なのにほとんど何の宣伝もしないまま、しかも漫画やイラストがメインのイベントに小説を売りにして参加してしまったのが最大の敗因だったかなと。ブースも地味でしたし。

今回は一人参加ということで、ただ黙って座っていても退屈なので、ブースを通りかかってちょっとでもポップに目を向けて下さった方には「こんにちはー」「立ち読みもどうぞー」と声をかけていました。会釈をしてもらえれば良い方で、こういうのは基本的にスルーされる為、一日中返ってくることのない挨拶をしていました。中にはもちろん返して下さる方も居ましたけどね。

手にとって立ち読みして頂くのはもちろん、よくよく内容を吟味した上でやっぱり自分には合わないからと買わずに去って行くのも全然構わないのですが、黙って手に取って黙って返していくのは正直言って止めて頂きたいです。当然良い気持ちはしないし、何より即売会のマナーとして、ひいては一般常識として良い行為とは言えません。「即売会の心得」みたいなサイトを見れば大体書いてあることですが、買う立場とはいえ即売会の「参加者」なのです。出店者側からすれば「接客」はしますし、自分の物を買って頂く以上、気持ちよく買い物をしてもらえるように最大限の努力をするのは当然です。でも、買う側と売る側がお互いに敬意を払って行動して初めて良い即売会になるのです。

と、ネガティブな話はこれくらいにしておいて、嬉しいことも沢山ありました。正直マニアックな即売会ですし、泉水の周囲には同人誌に関心を示すような友人はほとんどいない為、リアルの知り合いが来ることは無いだろうと思っていたら、ライブ繋がりで知り合った方が来てくれたり、このブログをきっかけに知り合った作家仲間さんに初めてリアルでお会いすることが出来たり(泉水の秘密?がバレました)……。本を買って下さった方のほとんどが初見さんだったのも嬉しかったですね。まぁ、逆に言えば宣伝が功を奏してないってことでもあるんですが。
それから、本を手に取って一度は去って、やっぱり戻ってきて買って下さった方や、バンド活動をしていて、「自分の世界観に似ている」と仰って下さった方が居たのも印象的で嬉しかったです。購買層は若い方が圧倒的に多かったようです。

あと意外だったのは、短編集より長編の方が売れ行きが良かったことですね。短編集は薄いながらも何気にかなりコストがかかっているので(その為血の涙を流しながら値下げしました)、経費回収的には長編が売れた方がありがたいのですが、安くてすぐ読める短編集の方が売れるかな?と思っていたで、ちょっとびっくりでしたね。やはり文章系の即売会だけあって読み応えが求められるのでしょうか。

ちなみに、長編『壊れた私と、彼女の殺人』と短編集『さよならを教えて』はどちらも新刊でしたが、『壊れた私~』はCOMITIA108が初出の為、今回の即売会に合わせて作った本当の意味での新刊は『さよならを教えて』の方です。

そして当日の思い付きで言ったことなのですが、即売会で新刊を買って下さった方は、次回の新刊を割引き致します

と言いつつ、新刊の予定は全く立っていないのでどうなるか分からないまま、かなり無責任に言ってしまったのですが、次回の即売会(5月の文フリには出たいなー……)で今回お買い上げ頂いた本をその場でご提示頂ければ、新刊を割引き価格でご提供したいと思います。

はてさて、頒布も無事終わり、撤収という折りになったのですが、ちょっと心残りだったのは、売り子が自分一人だった為にブースを長い時間空けるわけにはいかず、自分の買い物がほとんど出来なかったことです。なので買えたのはこのブログをきっかけで知り合うことが出来た清水結衣さんの小説二冊(装丁がめちゃくちゃ綺麗な上にポストカードよお手製ブックカバー付き)、お向かいのブースで頒布されていた、まちあかりさんのオムニバス本一冊、同じくお向かいさんだった喫茶マリエールさんの小説本一冊です。

戦利品たち
bunhuri1.jpg

優先して読まなければいけない本が結構あって、寝る前にチマチマ読んでいるのでまだ読破出来ていないのですが、少しずつ楽しもうと思います。

次回の東京での文フリはGW中ですね。その頃にどういう状況になっているかちょっと予想がつかないのですが、出来ればまた短編集を出したいなと思っています。

尚、既刊本は全て通販対応しています。<既刊本リスト>もリニューアルしましたので、宜しければご覧ください。

それではまた。
スポンサーサイト

Comment

文フリではお世話になりました(●´ω`●)

|д゚)

先日はお世話になりました(●´ω`●)お会いできてうれしかったです(≧▽≦)
くっ!・・・騙されていたぜ(勝手に勘違いしたのは私なのですがw)
・・・私もBBAだとばれてしまったぜw(これは仕方ない・・・(;´∀`))

こちらの過疎ブースにも来てくれてありがとうです(*´ω`*)

次の文フリはたぶんお客さんとして参加すると思うので
遊びに行きたいと思います(●´ω`●)

そしてそのうちお茶しましょうー(*´ω`*)

>結衣さん

先日はどーもです。
こちらこそお会い出来て嬉しかったです。
お買い上げありがとうございました。
ネットは文字の世界なので本当に相手が見えませんねw
最近リアルの忙しさが本格化しつつあるので、次の文フリまでに新刊を出せるか分からないのですが、出店はしたいと思っています。でも来て下さるなら何か新しいモノを出したいですね……。
体調が優れないようですが、落ち着いたら是非ゆっくりお話しましょー。
非公開コメント

| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

いずみさや

Author:いずみさや
東京在住
漫画原作・小説等を制作
お問い合わせはlied.von.sayaあっとgmail.comまで
twitter:@saya_works
Author画像は自画像ではなくサークルのイメージキャラクターです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。